信用保証協会の役割~中小企業等の事業者の無保証融資に不可欠な仕組み

各都道府県にある信用保証協会は、民間の金融機関から無保証で借り入れをしたい場合に、金利に併せて保証料を支払うことで、債務の保証をする組織です。

北海道信用保証協会のホームページはこちらです。

特に、経営基盤の弱い中小企業や、担保を提示して資金の借り入れのできない企業にとっては、借り入れに重要な役割をしている団体です。

私も、前の職場でも仕事でお付き合いがあってお話をしたことがありましたが、当時は、保証する協会にも関わらず、金融機関以上に保証するか否かの判断が厳しいと思われて、閉口した記憶がありました。

しかし、当時からずいぶん変わって、本来、信用保証協会は金融機関とのやりとりが主な業務で、借り入れをする企業とは直接接触することはまれだったのが、今は、創業支援や経営相談などを、信用保証協会が企業さんに直接対応する仕組みができています。

起業間もない事業者や、災害等で経営状況が厳しくなり苦慮している事業者の方々にとっては、金融機関が貸し付けをするのはどうしても慎重になるので、信用保証協会がフォローする役割を果たすことはとても重要です。

これからも、地域の企業のために、信用保証協会の活躍を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です