8月下旬は、来年度の国の各省庁の概算要求が明らかになる時期~補助金等を活用したい事業者にとっては重要

この数日、いわゆる北海道の開発予算を初めとして、国の各省庁の財務省への予算要求(概算要求)の内容が、新聞記事に載り始めています。一部、まだ各省庁のホームページに掲載されていないところもありますが、近日中にはその内容が各省庁のホームページでより詳細な概算要求の内容が掲載されます。

中小企業支援の補助金や助成金の活用を考えている事業者の場合は、経済産業省や厚生労働省の概算要求の内容を確認することで、今年度募集のあった補助金や助成金が継続されるか否かの目途がある程度わかります。
ある程度、といったのは、現段階ではあくまで各省庁が、全体の国の予算を調整し決める財務省に要求をしている内容を公開しているという段階だからです。

より確実な内容は、通常年末に公開される来年度の予算案を確認することになります。

また、近年は年度途中の補正予算で計上した補助金を翌年度まで実施する場合もしばしばあるので(よく活用される、ものづくり補助金小規模事業者持続化補助金などが典型的な例)、年度途中の国の動向の把握にも注意が必要です。

自分自身で、8月下旬や年度末に各省庁のホームページなどから情報を得ることは可能ですが、その区切りごとに、その事業を所管している官庁でもより確度の高い情報をある程度の範囲まで、来年度の見込みを説明ができるようになるともいえます。この区切りのタイミングで、関係の省庁やその出先機関(経済産業局、労働局など)に直接問い合わせてみてもいいでしょう。

可能な範囲ですが、情報提供してもらえる内容はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です