北海道中小企業新応援ファンド助成金(北海道中小企業総合支援センター)

北海道中小企業新応援ファンド助成金は、北海道庁が、国から80億円、北海道庁や道内の金融機関等から20億円余り拠出してファンドを造成して、その運用益で創業や中小企業の地域資源を活用した商品開発等への助成をするものです。ファンドの管理や助成の事務は、北海道庁の関連団体である北海道中小企業総合支援センターが行います。

ファンドによる助成事業全体の期間は、昨年8月から10年間ということで、この間は毎年度当初は必ず募集があり、最初の募集でその年度の助成枠に余りがあれば、2次募集もします。

○詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/shinfund.htm

事業名に「新」がついているように、最初の「北海道中小企業応援ファンド」による助成事業は、10年余り前私が出向していた産業支援機関も資金を供出しており、当時出向していた機関での事業者支援にも活用していました。

昨年、後継事業ということで、最初のファンド事業と概ね同様の枠組みで、さらに10年の助成事業を行うことになりました。ただ、前回よりも運用益が少なく、年間合計2,000万円程度の助成規模です。支援メニューも創業支援を盛り込む一方で、絞り込みも行うなど整理したものになっています。

※なお、今年度は令和元年9月13日時点で、2次募集中です。募集内容は北海道中小企業総合支援センターの次のホームページをご覧ください(締切:2019年10月15日(火)【17時必着】)活用したい方はまずは概略が解る資料を持参して担当窓口に相談することをお勧めします。いろいろと助言をいただけると思います。

2019年度北海道中小企業新応援ファンド事業2次募集のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です