北海道U・Iターンサポートデスクの活用~長年取り組んでいる行政の地道な取り組み

2019(令和元)年現在で、北海道でも有効求人倍率が1倍を超えており、機械金属などの製造業の生産工程や建設現場をを支える技能者、医師や薬剤師などの専門職は特に、高い求人倍率となっています。

もともと中小企業でも規模の小さい事業者では、ある程度ノウハウを持った方を確保したいというニーズはあります。このような企業の多くは、新卒者を育てる余裕がないからです。

一方で、以前から道内出身で、道外に就職してある程度キャリアを積み上げた方が、子育ての環境や実家の心配などを考慮して、道内に戻りたいというニーズはありました。

そこで北海道庁では、道内企業の求人と道外からの求職者とのマッチングを長年行っています。

現実には、求人を出す事業者と求職者の求める条件のミスマッチも多く、成功事例ばかりではありませんが、仕組みとしては定着しており、人材を確保したい中小企業等の事業者の方は、このような仕組みを活用するのも一案ではないかと思います。

具体的には、ネットを活用したマッチングや東京での企業説明会などを行っています。

詳細は、次のホームページに掲載されています。

○北海道U・Iターンサポートデスク
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/ui-turn/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です