新型コロナウィルス関連で影響を受けた事業者への金融支援、相談窓口

今年の新型コロナウィルスの影響で、さっぽろ雪まつりの来場者数がずいぶん減りましたね。

会社員のMさん

工藤行政書士

そうですね。新聞で見ました。
うちの会社では、ホテル経営していて中国の団体客にも利用していただいていたのですが、全てキャンセルされてしまって、資金繰りが不安な状況になっています。どのように対応するのがいいでしょうか。

会社員のMさん

工藤行政書士

確かに、見込んでいた売上の多くが断たないようだと、厳しいですね。お察しします。
まずは、既に取引されている金融機関に相談して、今後の資金繰りの見込みを示しながら、運転資金の確保をすることが必要です。

工藤行政書士

ただ、今回の新型コロナウィルスは、自社としてはどうしようもないような経営環境の急激な変化の場合として、資金確保に当たって様々な優遇措置が既に行われることになっています。
どんな内容ですか?

会社員のMさん

工藤行政書士

次にあげる内容です。↓

新型コロナウイルス関連肺炎の流行に伴う中小企業向け相談窓口及び融資取扱について
(北海道庁、道内銀行、信用金庫等で活用可能な「経営環境変化対応貸付」の対象としています。商工会議所、商工会のあっせんが必要ですが、条件がよければ、予め取引銀行に活用可能かどうかを相談して利用するのもよいでしょう。)

北洋銀と道銀、相談窓口開設 上限1億円融資 新型肺炎拡大受け(どうしん電子版より、詳しくは北洋銀行、北海道銀行の本支店にお問い合わせください。)

●新型コロナウイルスの流行に伴い「緊急短期資金保証制度」の取り扱いを開始します。
北海道信用保証協会、民間金融機関からの借り入れを検討している場合で保証付融資の活用を金融機関から提案された場合には、この制度の活用が可能かどうかを相談するのもよいでしょう。保証料が減額されます。)

●相談窓口については、日本政策金融公庫北海道庁(経済部中小企業課、14振興局)北海道経済産業局(中小企業課)商工組合中央金庫にも設置されています。

ありがとうございます。紹介していただいた支援制度の概要を調べて、取引銀行に相談してみようと思います。

会社員のMさん

工藤行政書士

頑張って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です